So-net無料ブログ作成

脱毛留学スクール編 [脱毛]

前回の続きです

エレクトロジストスクールでの午前中の授業は、学科で「皮膚科学」「毛髪の問題」「解剖生理学」「微生物」「衛生学」「電気学」「電気脱毛」等でした。私は前回も書いたように英語ができなかったため、前日翌日の授業のページをできる限り訳していくようにしていました。それでも、試験では11点とか14点(T△T)
入学して1ヶ月位した頃ジェーン先生に言われました。「りょうこの英語力では、ライセンス取得はかなり困難だと思う、どうしますか?」最もだと思いました。私は「受験できなくていい。だけど学校を最後まで続けさせて下さい」と頼みました。先生は「もちろん」と快く承諾して下さいました。
この頃は、自業自得とはいえ本当に辛い時期でした。ほとんどの空き時間は辞書と教科書を開いていました。

私は必死でしたが、教室はいつも和やかでした。というより日本ではありえない事に何度も驚かされました。
授業中にコーラーを飲むのはあたりまえ。バナナを食べる人、マフィンをトースターで焼いてクリームチーズを塗って食べる人。。。
実技の時間は先生もアイスクリームを食べながら教室内を歩いていたこともありました。

午後は実技です。1人づつブースを与えられ、近所のボランティアの方達がモデルに来てくれ施術しました。日本では、腋、ひざ下、腕等の脱毛が多いのに比べ、アメリカでは、ほとんどの方が、顔の脱毛を希望されました。
私は某大手エステティックサロンT○Cで毎日脱毛を6時間以上、数年間してたこともあり、自分で言うのは憚れますが、実技は一番うまかった。
だけど、顔や体の向きを変えてもらうのが大変だった。ターンとかライトとかレフトとか言いながらジェスチャーで説明しなければならなかった。
その上、私がほとんど喋らないので、モデルさんから「あのこツンツンしてて感じ悪い」とクレームが。。。ごめんなさい、喋りたいんだよーー私も(T△T)
クラスメートが、ブースに入ったら真っ先に「私は少ししか英語が話せません」と言いなさいとジェスチャー付きで教えてくれました。
そして、私は目があったらとにかくニコッと笑うようにした。自然にしてた。

あーすごい長くなった。なるべく次回、受験編で終わらせます。すみません

clavicleのメニュー詳細はこちら→ http://www.c-pon.com/cpon/shop?shopid=3628


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 1

コメント 4

あや☆

船木さん、こんばんは♪
あの修行時代のお話ですね(*≧艸≦)ぷぷっ!!
この時代があったから、今の素晴らしい船木さんがあるのですね☆
本当に素晴らしいと思います。
私もますます頑張って行きたいです(^-^)
by あや☆ (2006-05-31 00:52) 

ごま

すげぇ・・・・・・実技は一番だったんだすね☆
さすがだす。
しかし日本では考えられない授業風景なんじゃのぅ。
ワシが留学したらますますデブりそうじゃ。
by ごま (2006-05-31 07:45) 

equal

あっ あや☆さん、こんばんは。
長~い昔話を読んでくださって、ありがとうございます (^-^)
あや☆さんに素晴らしいなんてい言われるなんて。。恐縮です(*≧艸≦)
お互い頑張りましょう。
あやさんのアザラシを応援してます。
by equal (2006-05-31 23:20) 

equal

ごまちん そうなんですよー
私は授業中にバナナ食べたりしてなかったのに、
太った(T△T)
by equal (2006-05-31 23:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。