So-net無料ブログ作成
検索選択

足指脱毛 [脱毛]


ブーツの季節もそろそろ終わりますね

若者の間では夏でもブーツがあり!みたいですが。。。

私は、バレーシューズのようなペッタンコ靴は履かない主義(履けないともいう)なので。。。

足が短いもんで(T_T)

サンダルが好きです

お気に入りはヒール9センチでシルバー(今年のラッキーカラー)。。。足痛い。。。けど負けるもんか(iДi)

歳なんだから無理するな!!とか、身体のためにヒールは良くない、見た目より健康だ!!

というのはわかってはいるのですが。。

80まではヒールを履きます(宣言)


私のことはどうでもいいのですが、サンダルを履くときの注意事項は

1.原始人歩きにならないこと

2.ペデイキュアをすること

3.足の指の毛を処理すること

4.常にバンドエイド携帯

DSCF1147.JPG

3が気になるかたは、是非clavicleで電気脱毛をしてください

足指の毛は少ないので、それほど時間も費用もかかりません

clavicleの電気脱毛は時間制。。しかも1分単位でできます

1分¥150円(税抜き価格)です

あたりまえですが、30分¥4.500(税抜き価格)

他に、1回ご来店ごとに使い捨てエレクトロード代金を¥210いただきます

それ以外は入会金もチケットもありませんので、ご安心ください

施術時間分の料金+¥210だけです

毛が少ない部位やレーザーで残ってしまった毛の処理をしてしまいましょう


技術は安心(^-^)

電気脱毛暦28年

電気脱毛の本場アメリカで5ヶ月間学び、カリフォルニア州ライセンス取得!↑の写真です(*^▽^*)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

エステティックサロン clevicle
世田谷区玉川2-15-10#302
TEL 03-5717-6453
田園都市線・大井町線 二子玉川駅徒歩3分





nice!(24)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

どうする?足指の毛 [脱毛]

暖かいというより、暑い!!

日差しも強くなっているので、日焼け対策をしっかりしてくださいね

DSCF1147.JPG


今年はバレーシューズのような靴が流行なんでしょうか?

年取ると、この類の情報入手は遅くなります

サンダル率が非常に低いですね

私は、バレーシューズのようなペッタンコ靴は履かない主義(履けないともいう)なので。。。

足が短いもんで(T_T)

サンダルを履いてます。

お気に入りはヒール9センチでシルバー(今年のラッキーカラー)。。。足痛い。。。けど負けるもんか(iДi)


このようなヒールのサンダルを履くときの注意事項は

1.原始人歩きにならないこと

2.ペデイキュアをすること

3.足の指の毛を処理すること

4.常にバンドエイド携帯



3が気になるかたは、是非clavicleで電気脱毛をしてください[わーい(嬉しい顔)]

足指の毛は少ないからそれほど時間も費用もかかりません

clavicleの電気脱毛は時間制。。しかも1分単位でできます

1分¥150円(税抜き価格)です

あたりまえですが、30分¥4.500(税抜き価格)

他には1回ご来店ごとに使い捨てエレクトロード代金を¥210いただきます。

それ以外は入会金もチケットもないので、かかりません。

施術時間分の料金+¥210だけです。

毛が少ない部位やレーザーで残ってしまった毛の処理をしてしまいましょう


技術は安心(^-^)

電気脱毛暦27年

電気脱毛の本場アメリカで5ヶ月間学び、カリフォルニアライセンス取得!↑の写真です(*^▽^*)


関係ないけど、エステティシャンとしたことが、鼻の頭に大きなニキビ(*o☆)\バキッ!
おできのようなもの出現。。少し鼻が高くなったラッキー[黒ハート]

clavicleのメニュー詳細はこちら →  http://www.c-pon.com/cpon/shop?shopid=3628

世田谷区玉川2-15-10#302 田園都市線・大井町線 二子玉川駅徒歩3分
clavicle TEL03-5717-6453



nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

脱毛留学受験編 [脱毛]

脱毛留学の最後です。長々とすみません

朝6時30分に起床→学校→4時30分頃帰宅→勉強12時就寝、毎日同じリズムで生活していました。楽しみは、日本の友人が送ってくれる手紙と休みの日に自転車で大型スーパーに行くこと。

卒業まで残り1ヶ月というこ頃ジェーン先生が、「ライセンスを取るべきだ、技術が素晴らしい、そして頑張っている。練習問題をたくさんあげるから、とにかく覚えなさい」と言ってくれた。嬉しかった。その日から、普段の勉強に練習問題が加わった。カレンダー受験日の印を付け、1日が終るとカレンダーに×を付け、あと何日と数えた。

信じられないことに、最後の試験は71点だった。卒業の日はたくさんの思いが入り混じって、泣いた(T△T)クラスメートは「りょうこは強いですね。いつもニコニコ笑っていた」と言ってくれた。
違うんだよー 英語を先に勉強してこない私が悪いんだよー 皆さんご迷惑をおけして申し訳ありませんでした。そして、ありがとう(T△T)

卒業から1ヶ月半後、試験は学科が4択で100問でした。実技試験はとても厳しかった。脱毛器、備品のセッティング、手の洗い方、消毒、全て採点の対象になる。実際にモデルの脱毛を約15分する、私は、腕の脱毛を高周波法を使って脱毛した。途中試験官が回ってきて「この方法はなんですか?」等と質問し、答えなければならない。何故か全く緊張しなかった。

試験が終わり、控え室で待ってた時は本当に晴れ晴れとした気持ちだった。しばらく待つと、1番に名前が呼ばれ窓口にいくと、水色の紙にサインしなさいと言われサインした。よくわからずに立っていると、「おめでとう」と言われた。合格したらしい。。。皆が笑いながら拍手をしてくれた。
サインした水色の紙を切り取って渡された。コンサートチケットのようなライセンス証書↓だった。もっと立派なものかと思っていたのでちょっとびっくりしました。

翌日、試験のために借りていた脱毛器を返しに学校に行った。先生の顔を見たとたんまた泣いた(T△T)

ほうとうにほんとうにありがとうございました。

日本に帰ってしばらくは、英語が話せないため半年間ほとんど言葉を発しなかった為か?自己主張しなかったせいか?劣等感を持ち続けていた為か?自信喪失状態が続いた。

留学した事によってたくさんのことを得ることができました。
ついでに、体重が5kg、白髪が20本位増えました(*≧艸≦)

clavicleのメニュー詳細はこちら→ http://www.c-pon.com/cpon/shop?shopid=3628


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

脱毛留学スクール編 [脱毛]

前回の続きです

エレクトロジストスクールでの午前中の授業は、学科で「皮膚科学」「毛髪の問題」「解剖生理学」「微生物」「衛生学」「電気学」「電気脱毛」等でした。私は前回も書いたように英語ができなかったため、前日翌日の授業のページをできる限り訳していくようにしていました。それでも、試験では11点とか14点(T△T)
入学して1ヶ月位した頃ジェーン先生に言われました。「りょうこの英語力では、ライセンス取得はかなり困難だと思う、どうしますか?」最もだと思いました。私は「受験できなくていい。だけど学校を最後まで続けさせて下さい」と頼みました。先生は「もちろん」と快く承諾して下さいました。
この頃は、自業自得とはいえ本当に辛い時期でした。ほとんどの空き時間は辞書と教科書を開いていました。

私は必死でしたが、教室はいつも和やかでした。というより日本ではありえない事に何度も驚かされました。
授業中にコーラーを飲むのはあたりまえ。バナナを食べる人、マフィンをトースターで焼いてクリームチーズを塗って食べる人。。。
実技の時間は先生もアイスクリームを食べながら教室内を歩いていたこともありました。

午後は実技です。1人づつブースを与えられ、近所のボランティアの方達がモデルに来てくれ施術しました。日本では、腋、ひざ下、腕等の脱毛が多いのに比べ、アメリカでは、ほとんどの方が、顔の脱毛を希望されました。
私は某大手エステティックサロンT○Cで毎日脱毛を6時間以上、数年間してたこともあり、自分で言うのは憚れますが、実技は一番うまかった。
だけど、顔や体の向きを変えてもらうのが大変だった。ターンとかライトとかレフトとか言いながらジェスチャーで説明しなければならなかった。
その上、私がほとんど喋らないので、モデルさんから「あのこツンツンしてて感じ悪い」とクレームが。。。ごめんなさい、喋りたいんだよーー私も(T△T)
クラスメートが、ブースに入ったら真っ先に「私は少ししか英語が話せません」と言いなさいとジェスチャー付きで教えてくれました。
そして、私は目があったらとにかくニコッと笑うようにした。自然にしてた。

あーすごい長くなった。なるべく次回、受験編で終わらせます。すみません

clavicleのメニュー詳細はこちら→ http://www.c-pon.com/cpon/shop?shopid=3628


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

脱毛留学 [脱毛]

アメリカには、エレクトロジスト(電気脱毛士)というライセンスがあります。日本での美容師や理容師免許と同等のものです。このライセンスを持っていないと例え医師であろうと施術することはできません。

1993年、エレクトロジストのライセンス取得の為カリフォルニア州・モデストにあるジェーン・リドルエレクトロジストスクールに単身留学。この6ヶ月間は私にとって、今までの人生で最も辛く、充実した6ヶ月になりました。

朝8時~午後4時30分の授業は、午前中が学科、午後は実技でした。週に1回の試験。一番最初の試験ではたしか6点だった。(もちろん100点満点で)

なぜって、全く英語できなかったから(T△T)。英語ができないだけでなく、アメリカの事情に疎く、自転車に乗って暗くなるまでうろちょろして、近所のおじいちゃんにも心配かけたりしました。
私のこの無知で無謀な行為で、先生やクラスメイト、ご近所さんには本当に迷惑をかけました。それでも、回りの人達はこのおばかな日本人を面倒みてくました。自転車は危ないからとクラスメイトが送り迎えをしてくれたり、ホームパーティに誘ってくれた。ご近所の老夫婦は毎週夕食にスパゲティーをご馳走してくれた(なぜか毎回スパゲティー)自転車にライトをつけてくれた。とても全てはかききれません。本当に本当にすみませんでした。そしてありがとうございました。心から感謝しています。

あっ 学校での事を書くつもりが違う方向に

長くなりそうなので次回につづく、読んでくださった方ありがとうございます

clavicleのメニュー詳細はこちら→ http://www.c-pon.com/cpon/shop?shopid=3628


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。